毎日のお口のケアどうしていますか?

>

就寝時も気を抜かず

就寝前のケアが欠かせないのは

食後のケア以外にも、就寝前にもケアが欠かせないのが歯です。
お肌同様にお口の中はとても敏感なうえ、細菌が集まりやすい環境にあります。
そのため毎日少しずつでも適切にケアすることで、丈夫な歯を保ち、素敵な笑顔を作ることができるのです。
とくに食後にケアしていると、就寝前もケアする必要はないと感じることがあるかもしれません。
就寝時には唾液の量が少なくなり、虫歯菌が活発になりやすいお口の状態となっているのです。
虫歯菌を活発にさせないためには、就寝前にしっかりとケアしておくことで、虫歯菌の増殖を抑えることができ、結果として虫歯や歯周病の予防へとつなげられます。
例えば食後、少し時間が経過してから就寝するという場合も食後のケアから時間が経過しています。
こうした際にもお口のケアをしておくとより就寝時のお口を良好に保つことができます。

効果を得るためのケア方法

夕食の後に一度ケアしているなら、就寝の前に再度ブラッシングはしなくてもいいと思うことでしょう。
確かに2度手間の様にも見えますが、細菌の増殖を抑えるなら、ブラッシングを2回行うことは効果的です。
ただし、ブラッシングの際には力加減が重要です。
ブラッシングの力が強いと、歯や歯茎に負担がかかります。
2回続くとよりその負担は増してしまうのです。
ブラッシングは軽い力で行うことが大切です。
2度のブラッシングが面倒なら、就寝前には洗口液を使用するのも良いでしょう。
洗口液で細菌の数を減らしておくと、就寝後のお口も守ることができます。
洗口液やブラッシングなどでなくても、すすぐだけでも唾液の量を増やすことにつながります。
乾燥した環境にしない配慮が大切ということなのです。


この記事をシェアする